一人暮らしでも飼いやすい鳥類の魅力

 

鳥の病気について以外と知られていないことが多い

なつきやすい性格や、飼育スペースに場所をとらないことから、多くのご家庭で鳥類が愛玩動物として飼育されるようになりました。しかし、人間の生活環境に適応した鳥類は、温度変化といった些細なことがきっかけで体調を崩してしまうのです。鳥がかかりやすい病気にはどのような症状があるのでしょうか。

鳥がかかりやすい病気とは

鳥類はウイルスや細菌感染が原因で病気を引き起こしやすい傾向にあります。鳥がかかりやすい病気をみてみましょう。

鳥類がかかる病気

精巣腫瘍、クラミジア感染症、ウイルス性羽毛疾患、腸炎、そのう炎、気道炎、副鼻腔炎、痛風、腫瘍など

私たちにも聞き覚えがある病名もあるのではないでしょうか?このような病気は、何よりも早急に対処することが求められるのです。

【要確認】鳥の医療費は意外と高額

鳥は安く購入できる動物ですが、病気になったときの医療費が他の動物と比べて高くなる傾向にあります。また、防衛意識の高い鳥は病気で苦しくても、群れや飼い主の前では元気に振る舞います。そのため、気づいた時には病状が進行しているケースがあるので注意が必要です。

特に気を付けたい人間への感染病

病気になった鳥類を早急に治療するべき理由の1つに、人間への感染の恐れが挙げられます。ペットとして飼われている鳥は、人間との距離も近く感染する確率も高くなるのです。鳥からの感染病には、どのような症状が見られるのでしょうか。

鳥クラミジア症

鳥から人間に感染する病気として最も多いのが鳥クラミジア症です。一般的に「オウム病」といわれる鳥クラミジア症は、クラミドフィラやシッタシといった細菌が原因により発症します。
気を付けなければならないのが、名前のイメージからオウムやインコなどが感染するイメージを持ちますが、すべての鳥類が引き起こす病気であることです。

鳥クラミジア症に感染した際の症状

人間に鳥クラミジア症が感染すると、インフルエンザに似た症状を発症します。突然の発熱や頭痛、関節痛や筋肉痛などが見られ、最悪の場合だと髄膜炎や肺炎を引き起こし呼吸困難となって死亡してしまうケースもあるのです。

日本でも死亡事例が報告されている

日本では鳥クラミジア症による感染事例が400件程。そのうち死亡が報告された事例が9件もあります。2017年には妊婦2名が命を落とすという痛ましい事件が起こりました。

オウムやインコのふんから感染する「オウム病」にかかり、妊産婦2人が死亡していたことが10日、厚生労働省などへの取材で分かった。国内で妊産婦の死亡が判明したのは初めてとみられ、専門家は注意を呼び掛けている。

オウム病は、ペットなどの鳥のふんに含まれる細菌「クラミジア・シッタシ」を吸い込むことで主に感染。潜伏期間は1~2週間で、急な高熱やせきなどインフルエンザのような症状が出る。厚労省によると毎年数人から数十人の感染者が報告され、重症化すると死亡する。

日本医療研究開発機構の研究班などによる2016年度からの調査で、妊産婦2人が感染後に死亡していたことが判明した。感染経路を今後調査する。

引用:オウム病で妊産婦2人死亡 鳥との接触に注意(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG11H1L_R10C17A4000000/

感染する人の多くは高齢者や妊婦といった、体の抵抗力が弱い人に見られ、厚生労働省からも感染に関する注意喚起がなされています。

どこから鳥クラミジア症は感染する?

鳥クラミジア症の感染源として、最も多いのがフンからの感染です。鳥と同じスペースで生活を送る分には、感染の恐れはありません。ただ、鳥に触れたり、フンに間接的に触ったりしてしまうと、そこから感染する可能性があるので注意しましょう。鳥とのコミュニケーションとして、口渡しでエサを与える人をお見受けしますが、感染の原因となるうるのでお勧めはいたしません。
同じ空間では感染することはないと言いましたが、それは鳥かごの衛生環境が保たれているのを前提とした場合です。不衛生な環境が続いてしまうと、底じきに溜まったフンが乾燥し粉末化します。これが鳥の羽ばたきに風力により、部屋に散布されてしまうことで呼吸を通して感染してしまう恐れがあるのです。鳥かごを不衛生なままで放置しても、鳥や人間にとって百害あって一利なしです。清掃は責任をもってしっかり行いましょう。

鳥クラミジア症の対策・予防法

万が一、鳥クラミジア症にかかってしまった場合は、抗生物質を投与することで治療が可能です。早期治療のためには、初期段階での治療が必須条件となります。そのためにも医師にかかる際は、鳥を飼育している旨を前もって伝えておきましょう。これによりインフルエンザと診断されるのを防ぐだけではなく、血清診断を施し感染の有無や、程度をしっかり調べることができるようになります。

鳥との接し方も注意が必要

鳥クラミジア症に感染しやすい妊婦や高齢者、体調不良者がいるご家庭では、鳥との接し方にも注意が求められます。まず基本的な対策として、鳥との接触は控えてください。その後、動物病院で検査を行い、必要に応じて治療するようにしましょう。
鳥かごの清掃は消毒も含めしっかり行い、作業時はマスクを着用しフンの吸引を避けるようにしてください。

鳥クラミジア症にかかった鳥の治療法

鳥クラミジア症の恐ろしさや、感染時の対処法について解説してきましたが、感染してしまった鳥の治療も忘れてはなりません。治療についてみていきましょう。

感染してしまった鳥の治療法

鳥クラミジア症の原因となるクラミジアを有していても、必ずしも発症するという訳ではありません。しかし、自然治癒による治療が不可能な鳥クラミジア症は、抗生剤を投与して治療を施す必要があります。

病気の治療にかかる費用

病院に預ける際に気になるのが治療費です。動物病院によっても金額は異なりますが、以下の通りが相場となります。

  • 健康診断費:2,000円~
  • 検査費:1,500円~2,500円
  • 入院費(1日):2,000円~5,000円
  • レントゲン費:5,000円~

この費用と別に手術費や、薬代が発生します。そのう炎など1万円~2万円程度で治せる病気もあれば、数十万円までかかる病気まで、費用は大きく変動するのです。

ペット保険の特徴

ペット保険では、病気やケガの治療に必要となる入院・手術・通院に対して補償が適応されます。
補償限度額内であれば、100%で補償してもらえるもの嬉しいポイントです。月々の保険料も2,000円前後と決して高額ではありません。鳥を育てる際の飼育費の1つとして、ペット保険へ加入するのも良いでしょう。
現在鳥のペット保険に対応している会社は、日本アニマル俱楽部のみとなります。(アニコムは2014年に新規受付を停止)鳥類・爬虫類プランとして、月額1,760円のホワイトプランⅡと、月額2,300円のグリーンプランⅡが提供されています。
フクロウや鷹などの猛禽類には対応しておりませんが、オウム、ヨウム、文鳥、ジュウシマツといった数多くの鳥類に対応しているのが特徴です。

ペット保険の補償に関する注意点

鳥クラミジア症などの感染症を予防するためには、定期的な検査が必要となります。体調不良や、診断名を特定するための検査なら問題はありませんが、健康体での検査にかかる費用は保障対象外となるため気を付けましょう。
鳥の検査にはフンを持ち込んで行う糞便検査や、血液や羽毛を用いた遺伝子検査などがあります。特に重病の早期発見が期待できる遺伝子検査は、1年に1回は受けさせたい検査です。費用も18,000円~28,000円と高額であるため、保険と別途でかかる費用も念頭に置いておくことが求められます。

月額保険料や補償内容、支払限度回数などで徹底比較!
大切な家族を守ってくれるペット保険総合ランキングはこちら>>

ペット保険総合ランキング

げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー少額短期保険)

げんきナンバーわんスリム画像
  • 保険料:1260円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

公式サイトはこちら

いぬのきもち・ねこのきもち保険(アクサダイレクト)

いぬのきもち・ねこのきもち保険画像
  • 保険料: 1270円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

公式サイトはこちら

フリーペットほけん(FPC)

フリーペットほけん画像
  • 保険料 :1590円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続なし
  • 1日の支払限度額:手術/10万円まで
  • 支払回数制限:
     通院30回/入院3回/手術1回

公式サイトはこちら

PAGETOP