おすすめ犬の保険ランキングBEST3

犬の保険の中で、とくに人気のペット保険を比較!月額保険料や補償内容、支払限度額や口コミ評判などでランキング。

犬におすすめの人気ペット保険を比較してみました

犬におすすめの人気ペット保険を比較してみました

比較したポイントは次の5つです。

  • 月額保険料…飼い主が無理なく、払える料金であるか
  • 補償内容…月額料金でなにが補償されるか
  • 支払限度額…1日の入院費や1回の手術、通院などの支払限度額はあるか
  • 支払回数制限…支払い回数に限度はあるか
  • 利用者の口コミ評判…加入者は満足しているか

もしもの時に安心!犬におすすめのペット保険ランキング

ワンちゃんを迎える予定の方も、ペット保険の見直しを検討している方もぜひ参考にしてみてください。

第1位/げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー少額短期保険)

げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー少額短期保険)

月額保険料 1,360円
※プラン50/小型犬1歳の場合
補償内容 手術/入院/通院
「プラン50」は50%補償・年間50万円まで。「プラン70」は70%補償・年間70万円まで
1日の支払限度額 制限なし
支払回数の制限 制限なし
飼い主さんの口コミ評判 「犬を2頭、飼っています。 一頭は保険は、こちらに加入しています。先月、大きな手術をしましたが、高額な医療費もこちらに加入しているため、治療に専念できました。 請求方法はそんなに手間ではありませんし、7割の保証は大きいです!」
「亡くなった子がこの保険に入っていたため、こちらの保険を選びました。補償内容の割りに保険料が手軽。最後に心臓病になってしまった時も、毎月の薬代もしっかり支払っていただけたおかげで、治療に専念できました」
「先住犬がこの保険に入っています。手続きがわかりやすいし、いざという時も70%も負担してくれるのはありがたいです」
「来月、8歳になる犬を飼っています。高齢になると、保険料がどの位、上がっていくのかいろんなペット保険を比較検討した結果、家計に無理なく、継続できる料金であることが決め手になりました」
見積(無料)や申し込みはこちら→ http://www.petfamilyins.co.jp/

おすすめPOINT

安い保険料でありながら幅広い補償が受けられ、1日の限度額や年間の利用回数に制限がありません。犬種によって保険料を決めるのではなく小型犬〜特大犬まで5つのサイズで保険料を分けているのも特徴。犬に多い股関節脱臼や膝関節脱臼・膝蓋骨脱臼(亜脱臼を含む)の治療費も補償されます。

第2位/いぬのきもち保険(アクサダイレクト)

いぬのきもち保険(アクサダイレクト)

月額保険料 犬/1,920円
※プラン50/小型犬1歳の場合
補償内容 手術/入院/通院
「プラン50」は50%補償・年間50万円まで。「プラン70」は70%補償・年間70万円まで
1日の支払限度額 制限なし
1年間の支払回数の制限 制限なし
飼い主さんの口コミ評判

「補償内容や回数制限がないところが気に入って加入しました」
「有名な保険会社がやっているということで安心できました。保険金の振り込みまでもスピーディでした」
「保険料と保険金のバランスがとれていて気に入っています」
「いろいろな割引制度があるので、工夫すれば保険料はもっと安くなると思います」

見積(無料)や申し込みはこちら→ http://pet.axa-direct.co.jp/pet/

おすすめPOINT

支払回数や支払額に制限がなく、抑えた保険料と手広い補償が魅力の保険です。
月額90円でペット保険賠償責任危険補償特約もつけられます。有名な保険会社が運営元というのも信頼性があります。

第3位/フリーペットほけん(FPC)

フリーペットほけん(FPC)

月額保険料 1,590円
犬1歳の場合
補償内容 手術/入院/通院
50%補償プランのみ。
1日の支払限度額 通院/1日あたり1万2500円まで
入院/1入院あたり12万5000円まで
手術/10万円まで
1年間の支払回数の制限 通院30回
入院3回
手術1回
加入者の口コミ評判 「保険料が毎年上がらないのがいいし、内容もシンプルでわかりやすい。犬のサイズに関係なく保険料が一律なので、大型犬を飼っている私としては助かっています」
「通院・手術・入院とすべてを補償してもらえるので、犬が骨折したときは助かった!」
「保険料が安いので多頭飼いをしている自分としてはうれしい!」
見積(無料)や申し込みはこちら→ http://www.fpc-pet.co.jp/

おすすめPOINT

0〜4歳まで、5〜10歳までで保険料は一律です。また小型犬も猫も大型犬もすべて保険料は同じなので、非常にシンプルでわかりやすい保険だといえるでしょう。終身継続はありませんし1日の限度額や年間の利用回数が定められていますが、通院は30日まで利用できます。

犬の保険を選ぶ際に重視したいポイントは?

犬におすすめの人気ペット保険を比較してみました

犬は足元のケガも多く、内臓疾患も少ないわけではありません。

より高額な手術のみに備える保険も数多くありますが、やはり入院・通院まで補償してもらえる保険がおすすめです。

なかでも保険料が安いもの、保険のプランがシンプルなもの、支払回数制限などがない保険に入っておいて間違いはありません

第1位のペット&ファミリーは「げんきナンバーわんスリム」がとくに保険料を安く抑えることができますが、補償は「げんきナンバーわん」とほぼ同じです。「げんきナンバーわんスリム」は免責金額(自己負担金)が設定されていますが、その金額は3000円。1万円以上の免責金額を設けているペット保険があることを考えると非常に良心的です。

第3位の「フリーペット保険」は1日あたりの支払限度額や利用回数に制限がありますが、通院は年間30日まで利用できます。

年間の利用日数を20日程度に設定している保険会社が多いことを考えると、こちらも良心的といえるでしょう。

チェックしておくべき、飼っている犬がかかりやすい病気

失敗しないペット保険選びをするには、ペット保険に加入させたい愛犬がどんな病気にかかりやすいかをしっかり知っておきましょう。

ペット保険では保険が適用できる病気やケガなどを細かく設定しています。そのため、ペットの保険を選ぶ際に「かかる可能性のある病気を補償してもらえるか」をしっかり確認していないと、いざ保険を使おうとした時に適応対象外となってしまいかねません。

ワンちゃんのかかりやすい病気は、犬種による身体的特徴や生活環境によって変わります。 耳が垂れている犬種は、耳の内側に湿気が溜まりやすいため外耳炎になりやすく、鼻の低い犬種は呼吸が苦手なため気管支系の病気が多いのが特徴です。

毛の短さや体の大きさによってなりやすい病気はさまざま。また、犬種に関わらず室内で飼う場合はフローリングの影響で関節や腰を痛めやすく、拾い食いによる誤飲、ソファーや階段からの転落で骨折することなども考えられます。

近年では暑い時間帯での散歩による熱中症も増えてきており、犬種ごとにかかりやすい病気を把握するだけでなく、生活環境により起こりやすい病気やケガを把握しておくことも必要不可欠なのです。

愛犬の「もしも」にしっかり対応できるように、保険料やおおまかな補償内容だけでなく、どういった病気やケガに対応してくれるのかもしっかり確認しておきましょう。

犬種ごとに詳しく病気の情報を見たい方はこちら

ワンちゃんは特?!保険に割引制度が付いてくる

①多頭割引

複数のワンちゃんと一緒に暮らしている飼い主様におすすめ。適応条件として、同じ種類の動物種と同じ条件の保険プランに加入していることが前提です。複数飼いをしている飼い主様も、一匹ずつ保険をつけずに済みます。

②マイクロチップ割

マイクロチップ割りとは、行方不明・誘拐対策用の「小さなICタグ」を体内に埋め込んでいることで適応されます。保険料が安くなるのは勿論、ワンちゃんと離れ離れになったときの対策で挿入しておくのも良いかもしれません。ただし、チップの挿入は医療行為にあたるので必ず獣医師にお願いしてください。

③インターネット割

文字通りの特約で、インターネット経由で犬の保険を申し込んだ場合に適応されます。24時間いつでも申込ができますが、まだまだ種類が少ないが現状。申込前に、割引適応されているか確認しておきましょう。

④健康割増引

ワンちゃんの健康状態によって適応される割引度合いが変動する珍しい特約。

  • 通院、入院日数
  • 手術回数

上記の数字の大きさに応じて、保険料が割増あるいは割引されます。どちらかと言うと、体調を崩しやすい老齢のワンちゃんには不向きで、元気いっぱいの1~4歳程度のワンちゃんが恩恵を受けやすいです。

⑤ワクチン割

ワンちゃんの健康のために、ワクチン接種をした場合に適応される割引特約です。ただしワクチン割りの場合、ワクチン代そのものは対象外となっています。

犬のペット保険はもしもの時役立つ【特約】を追加しよう!

①賠償責任危険補償特約

ワンちゃんが他の人やペットに噛みついてケガをさせたり、物を壊してしまったりした時に請求された賠償金を代わりに支払ってくれる特約です。本来であれば飼い主がしっかりしつけと管理を行うべきですが、万が一事故が起きてしまった時に備えることができます。

支払いの限度金額は、保険商品によって100万~1,000万円程の差があるので、加入前に必ず限度額はいくらなのか確認しておきましょう。また、ドックランに参加中に起きた犬同士のトラブルや飼い主以外(被保険者)が管理している間に起きた事故に関しては、補償の対象外となることが多いので注意が必要です。

小型・大型に限らず入っておけば安心ですが、賠償責任危険補償特約はあくまでも万が一の備えです。愛犬へのしつけはしっかり行い、ワンちゃんと人が快適に暮らせるように心がけましょう。

②車いす特約

保険会社によっては、ワンちゃんがケガや病気で体に障害を持ってしまったときに、車いすや生活補助器具を購入する費用を補償してくれる特約を提供しています。ワンちゃん用の車いすは、小型犬で2万~5万円、中型犬でも4~8万円程度のものがほとんどですが、歩行器が4輪になったり、形状が特別なものだったりすると数十万円以上することも。高額な費用がかかってしまうため、散歩や外出を諦めてしまう飼い主も少なくありません。

しかし、車いす特約に入っていれば足が動かなくなったワンちゃんに十分な補助をしてあげることが可能です。重度のヘルニアや膝蓋骨脱臼だけでなく、骨折や不慮の事故で歩けなくなってしまっても、外に連れ出してあげることができますよ。

特にヘルニアが起きやすいフレンチブルドックやミニチュアダックスフンド、骨折しやすいミニチュアピンシャーやチワワといった犬種は加入しておくことをおすすめします。

③ペットセレモニー費用特約

大切な愛犬が亡くなってしまった際に、最大3万円まで葬儀費用を負担してくれる特約を提供しているペット保険もあります。近年では、ペットの葬儀や火葬を行うペット用の霊園も増えてきました。

他のペットと合同で葬儀を行う「合同葬」や1匹単位で行う「個別葬」、自宅まで移動火葬車が来てくれる「自宅葬」など種類もさまざまです。火葬の費用は、合同か個別なのかといった葬儀の種類に加えてワンちゃんの大きさによって変わりますが、2万~5万円程度が一般的。また、あまり格安すぎるペット葬儀会社は丁寧に作業を行わないこともあるので注意が必要。

特約があれば料金を気にせずしっかりとした葬儀会社を選べますよ。あまり考えたいことではありませんが、愛犬との最後のお別れを十分に行ってあげるためにも入っておいて損はない特約といえるでしょう。

④診断書費用補償特約

ペット保険会社によっては、保険金を請求する際に別途料金が発生する「健康診断書」の作成が必要になることもあります。診断書費用補償特約は、健康診断書の作成に関わる費用を保険会社が負担してくれる特約です。

健康診断書の提出が必要なペット保険では、診断書作成費用を補償しないところがほとんど。動物病院は自由診療なので、文書の作成に関しては、病院ごとに料金が違います。場合によっては負担が大きくなることも考えられるため、可能であれば診断書費用補償特約を付けていたほうが安心です。保険会社によってはそもそも健康診断書の添付が不要であったり、ワンちゃんの年齢によって健康診断書の添付が不要になったりすることもあるので、ペット保険の詳細をしっかり確認しましょう。

⑤ガン特約

愛犬がガンになってしまった場合、通常の手術保険金にさらに上乗せされた保険金がもらえたり、障害が出た場合に必要な器具の購入を補助してくれたりする特約です。補償してくれる内容は保険会社によって変わってきます。よりガンに手厚い保険を別途用意しているペット保険会社もあるほど、ガンはワンちゃんの死亡原因の中でももっとも多いとされる病気です。

高齢犬が多いとも言われていますが、ガンの種類は皮膚ガンから消化器官系のガン、肝臓ガンまで数種類あり、原因や要因もさまざま。ガンの治療には、外科療法や放射線を用いて腫瘍を小さくする放射線療法、薬や注射による化学療法、免疫療法などが行われますが、十分な治療を行うには高額な医療費が必要です。万が一の時に安心して最善の治療を受けさせてあげるためにも、入っておいた方が良い特約といえるでしょう。

利用特典もある!

保険会社によっては、保険加入と特約追加によって、うれしい特典を付けてくれます。

  • 保険会社が提携を結ぶ獣医師にペットの相談がいつでもできる
  • 「どうぶつ健康保険証」の提示でペットショップ、ペットホテル、ドッグカフェなどを優待特典が適応される…etc

ペット保険や特約は、ペットに万が一の事が起きたときにも役立ちますが、ペットと楽しい時間をおくるためのサービスも設けているのです。いつまでも、一緒にいてくれるご褒美として特典を利用するのはいかがでしょうか。

飼い主が後悔しないために
~犬の保険加入は【約款・やっかん】を必ず確認!~

約款【やっかん】とは?

約款とは、いわば保険契約に関する説明書であり契約書類の一種でもあります。加入手続き時に、保険会社スタッフが約款と保険設計書を用いて商品内容をかみ砕いて説明しますが、全てを説明しているわけではありません。詳しい内容は、約款の中に記載されていますが、法律の条文みたいな文章が羅列しているので読みにくさを感じるでしょう。後々、保険金が受給されないというトラブルに見舞われないために、一度でもいいので目を通してください。

約款は一番注目するべき

約款の冊子を開けば、ペット保険の詳細な内容が全部記載されているので、他の保険商品との比較は勿論、飼っているペットが対象に入っているか見極める判断材料になります。保険選びの際、値段や評判にとらわれてしまい、つい見落としてしまいがちに。後々後悔しないために、約款は目を通しておくべきです。記載内容を全部理解するのは難しいですが、最低でも冊子の中には、どこに何が書かれているのか把握しておきましょう。

注意しておくべきポイントは?

約款で、特に注目すべきポイントは以下の通りで、内容は保険商品によって内容が異なるので注意しましょう。

  1. 愛犬が対象となっているか
  2. 愛犬の年齢や先天性の持病が、補償対象となっているか把握できる。

  3. 診療の適応範囲
  4. どの保険でも、基本的に病気やケガの診療は対象内となっています。
    ※「予防」「美容」目的の治療は対象に含まれないケースが多い。

  5. 補償金の支払い、制限、限度額
  6. 補償する回数・日数・補償金額の上限について細かく記載。
    ※同じ病気の診療は、一定回数を上回ったら補償外となる。

  7. 更新・解約の条件
  8. 契約更新と解約の条件に関することを説明。特に解約の条件は、保険料を年間での支払いにしている場合、いくら払い戻しされるのか確認しないと、払い戻しトラブルに発展する恐れがあるので要注意。

難しそうな表現方法を用いている約款ですが、愛するペットを守るための大切な内容が記載されているので、必ず目を通してください。読んでみて、イマイチイメージがつかないなら、ペット保険の約款に関することをマンガで紹介しているところもあります。上記4つのポイントは勿論、ケースバイケースでの保険適応例もイラストで紹介しているので、頭に入ってきやすいですよ。

関連してよく読まれているページ

補償内容で選んだおすすめのベット保険ランキングBEST3

料金の安さで選んだおすすめのベット保険ランキングBEST3

会社の信頼度で選んだおすすめのベット保険ランキングBEST3

月額保険料や補償内容、支払限度回数などで徹底比較!
大切な家族を守ってくれるペット保険総合ランキングはこちら>>

ペット保険総合ランキング

げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー少額短期保険)

げんきナンバーわんスリム画像
  • 保険料:1260円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

公式サイトはこちら

いぬのきもち・ねこのきもち保険(アクサダイレクト)

いぬのきもち・ねこのきもち保険画像
  • 保険料: 1270円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

公式サイトはこちら

フリーペットほけん(FPC)

フリーペットほけん画像
  • 保険料 :1590円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続なし
  • 1日の支払限度額:手術/10万円まで
  • 支払回数制限:
     通院30回/入院3回/手術1回

公式サイトはこちら

PAGETOP