猫の保険BEST3

犬よりも病気やケガが少ない猫は、保険料も犬より安くなっています。猫の保険を総合的にランキングにしました。

猫におすすめのペット保険を比較してみました

猫におすすめのペット保険を比較してみました

次の5つで猫の保険を総合的に比較しました。

  • 月額保険料…飼い主が無理なく、払える料金であるか
  • 補償内容…月額料金でなにが補償されるか
  • 支払限度額…1日の入院費や1回の手術、通院などの支払限度額はあるか
  • 支払回数制限…支払回数に限度はあるか
  • 利用者の口コミ評判…加入者は満足しているか

入っておくべき!猫の保険おすすめランキング

猫ちゃんの保険選びや、見直しを検討している飼い主さんはぜひ参考にしてくださいね。

第1位/げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー少額短期保険)

げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー少額短期保険)

月額保険料 1,260円
※プラン50/猫1歳の場合
補償内容 手術/入院/通院
「プラン50」は50%補償・年間50万円まで。「プラン70」は70%補償・年間70万円まで
1日の支払限度額 制限なし
支払回数の制限 制限なし
飼い主さんの口コミ評判

「いままで病気ひとつしなかった子が、昨年、胆のう炎で2ヶ月半ほど通院…。家計を圧迫するほどの大きな出費となり、保険の重要性を再認識し、こちらに加入しました」

「10才以上の高齢になってからは保険料の変動がないのが決め手です。高齢になっても安く、いまの年齢でも負担が少ないのがいいですね」

「高齢になっても掛け金が比較的に安いです。猫に多い誤飲を起こしても保険が適用される点に引かれました」

「以前は最大手の保険に加入していましたが、1日の限度額があったので、その限度がないこの保険に乗り換えました」

見積(無料)や申し込みはこちら→ http://www.petfamilyins.co.jp/

おすすめPOINT

この保険料で、手術から通院まで幅広く補償してくれるのが最大の魅力。50万円まで、70万円までと年間の限度額は決まっていますが、回数や1日の金額に制限はありません。

猫は、例えば腎不全や尿路結石など集中して何度か通院しなければならない疾患が多い動物なので、猫にとってもありがたい補償内容となっています。猫種による保険料の差はありません。

第2位/ねこのきもち保険(アクサダイレクト)

ねこのきもち保険(アクサダイレクト)

月額保険料 1,270円
※プラン50/猫1歳の場合
補償内容 手術/入院/通院
「プラン50」は50%補償・年間50万円まで。「プラン70」は70%補償・年間70万円まで
1日の支払限度額 制限なし
1年間の支払回数の制限 制限なし
飼い主さんの口コミ評判

「猫がガンになってしまったのですが、この保険のおかげで治療費をまかなえました。入っておいてよかったです」

「全国の病院で対応してくれますし、いろいろな割引制度があります」「すぐに病院に連れて行こうという気持ちになるので、加入してよかったです」

見積(無料)や申し込みはこちら→ http://pet.axa-direct.co.jp/pet/

おすすめPOINT

年間の支払限度額はありますが、1日あたりの限度額や年間支払回数の制限がありません。万一、ガンや腎不全といった長引く病気にかかったとしても、安心して治療受けることができます。

保険料も安く、手広い補償が望めるのはやはり魅力です。アクサダイレクトという、大手保険会社が運営元なので安心感もあります。

第3位/PS保険(ペットメディカルサポート)

PS保険(ペットメディカルサポート)

月額保険料 1,390円
※50%補償プラン/猫1歳の場合
補償内容 手術/入院/通院
「50%補償」「70%補償」「100%補償」の3プランあり
1日の支払限度額 通院/1日あたり1万円まで
入院/1入院あたり2万円まで
手術/10万円まで
※全プラン共通
1年間の支払回数の制限 通院20回
入院30回
手術2回
飼い主さんの口コミ評判

「多頭飼いなので安い保険を探していました。補償内容も充実しています!」

「もっと保険料が安い保険もありましたが、通院まで補償してくれるのでこの保険にしました」

見積(無料)や申し込みはこちら→ http://pshoken.co.jp/

おすすめPOINT

1日の支払限度額はありますが、年間100万円まで利用できるプランもあるので、通院が長引くような疾患の際は非常に助かる保険だと思います。

入院も1日2万円までと、限度額はあるものの、ペットセレモニー費用(3万円)なども任意でプランに組み込むことができます。

猫の保険の失敗しない選び方のポイントとは?

猫の保険の失敗しない選び方

室内飼いが多い猫は、交通事故や猫同士のケンカによるケガは少ないものの、内臓疾患を発症してしまうケースが多いといわれています。

そのため、ケガに備える手術のみでは不安な点があり、入院はもちろん、通院までを補償してくれる保険が望ましいといえます。

その中で保険料をできるだけ抑え、補償金額などが満足できるものを選ぶといいでしょう。1日の限度額などは設けていてもかなわないと思いますが、通院が長引いたケースを想定し、回数は無制限の保険がおすすめです。

第1位の「げんきナンバーわんスリム」や、第2位の「いぬのきもち・ねこのきもち保険」は、回数無制限で保険料も安く、また運営元も信頼できる企業が運営していることから、おすすめできるペット保険といえます。

猫の保険加入の前に知っておくべき病傷TOP10

1位:ガン(悪性腫瘍)

体内で無規律に増殖して正常な細胞から栄養を奪い、体内組織の機能不全などを引き起こします。早期発見が困難で、発覚した時には既に末期になっているケースがほとんど。

毎日、元気の有無・食欲の変化・体の変化・便や尿の状態をチェックして、ちょっとでも変化が見受けられたら、直ちに獣医師に相談してください。

2位:腎臓病

人間同様、腎臓が持つ血液の濾過機能が低下し、血中に毒素・老廃物が蓄積される症状。

猫は、あまり水を取らない生き物ですが、過剰に水を飲むようになったら、腎臓の機能が低下している疑いがあるので、注意しましょう。

3位:心臓病

簡単に説明すると、心筋が肥大化して心機能が低下し、心臓内に血液が溜まることによって引き起こされます。

  • 運動を嫌う
  • 食事量は正常なのに何故か痩せる
  • 呼吸がおかしい
  • 歩行方法がおかしい

上記の症状が見受けられたら、心臓病にかかっている可能性が考えられます。

4位:糖尿病

人間の糖尿病同様に、インスリンの働きが低下して血中の糖質が上手く吸収できなくなってしまう病気です。

水を大量に飲んでおしっこをたくさん出すようになった、あるいはドカ食いするのに体重が増えない、腹部が膨れる症状が見受けられたら、糖尿病にかかっている疑いが高まります。

5位:ネコ伝染性腹膜炎(FIP)

猫の体内にある、猫腸コロナウイルスが突然変異を起こして症状を発症させます。獣医師でも完治させるのは困難な症状なので、安楽死を進められるケースが多いです。

ストレスの蓄積や、免疫力低下を引き起こした猫に多く見られるので、予防策としてはストレスが溜まりにくい環境下で飼育するのが望ましいです。

6位:猫エイズ(FIV/猫後天性免疫不全症候群)

猫免疫不全ウイルスにより引き起こされる症状。ウイルス感染の原因は、交尾やケンカによる体液接触が挙げられます。一度感染すると完治は難しいので、予防のために完全室内飼いを推奨します。

7位:猫白血病

猫白血病ウイルス(FeLV)の感染によって引き起こされる症状で、急性の場合、食欲不振・体重減少・発熱・下痢・貧血の症状が現れます。

接触や垂直感染が主な原因に挙げられるので、極力野良猫との接触を避けさせる、予防接種を受けるなどの対策が必要です。

8位:甲状腺機能亢進症

老猫に多い病気で、症状の特徴は食欲旺盛・動きの活発化など、元気に見えるところ。症状が進行するにつれて、体重の減少と体毛のツヤが喪失します。

また、水を飲む頻度が多くなるので、尿の量も増加します。この症状に関しては、有効な予防法が確立されていないので、発症した時点で獣医師に診てもらいましょう。

9位:肝臓病

肝機能が著しく低下してしまっている症状の総称。体に現れる症状は、白目に黄疸、腹部の膨らみ、体重減少、歯茎が青白化など。

行動的な面では、食欲衰退・気力喪失、多量飲水などが見受けられたら、直ちに医師に相談してください。

再生可能な臓器なので、医師の指示に沿ってケアをすれば回復させられます。

10位:ウイルス性呼吸器感染症

猫ヘルペスウイルスI型(FHV-1)が原因で、全てのネコ科動物がウイルスの感受性を有しています。症状にかかった場合、咳やくしゃみを頻発・鼻水・発熱など人間の風邪症状に近いものが現れます。

また、角膜炎・結膜炎、涙量増加なども見受けられます。ワクチン接種やストレスによる免疫力低下を防ぐために、居心地の良い空間作りをしましょう。

猫の保険に加入するならこのポイントを押さえよう!

1.定率保障型・実費保障型のどちらか?後清算と窓口清算の違いはあるのか?

保障型によって、保険料の支払金額が異なりますが、設けられている補償内容の充実度が異なります。

  • 定率保障型:ある程度自己負担が必要。治療費が割合の範囲内でも、限度額が設定される。

    例:保障割合70% 治療費10,000円=7,000円負担 残り3,000円は自分で負担

  • 実費保障型:治療でかかった費用通りの補償が受けられる。その分保険料が高め。

どちらとも、基本的にはケガや病気の治療で適応されますが、保険会社によってはケガや病気のタイプで、補償が適応されない場合があります。

また、清算方法も保険会社によって差異があります。

主な清算方法としては、病院から請求された金額を一度全額支払ってから会社に請求する後清と、窓口で保険証を提示した時点で清算が完了する窓口清算方法の2通りです。

事前に保証の方法から清算方法に至るまで、負担を感じずに利用できそうなものを選びましょう。

2.支払い日数はどれくらい?

支払い日数は、動物病院の利用形態によって異なります。

  • 通院は年間20回まで
  • 入院は年に2回まで

大抵の保険会社は、上記2点でのプランを定めています。

ただし、支払い日数の上限をオーバーしてしまったら、不足分の金額は自己負担となるので注意してください。

3.保険料の割引サービスがあるか?

ペット保険会社によっては、ネット割りや複数匹用の割引サービスを行っています。予算を抑えて保険を利用したい場合は、各会社が設けている割引サービスの内容を確認すべきです。

4.新規加入時と更新時の年齢

大抵の保険会社が設けている加入や、更新可能年齢は以下の通りです。

  • 新規加入可能年齢:生後60日程~7,10歳まで
  • 更新可能年齢:20歳あるいは終身

気になる保険プランを見つけたら、まず年齢的にパスしているかを確認するところから始めましょう。

ただし、中には野良猫を拾ってきた人もいるでしょう。野良猫だと、年齢の特定が困難なので申し込みのハードルが高く感じます。

実は、野良猫でも保険加入が可能な会社がほとんど。医師の推定年齢と生年月日、猫を連れ帰ってきた日などを申し込み書に記載しても大丈夫なので安心してください。

月額保険料や補償内容、支払限度回数などで徹底比較!大切な家族を守ってくれる ペット保険総合ランキングはこちら

ペット保険総合ランキング

げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー少額短期保険)

げんきナンバーわんスリム画像
  • 保険料:1260円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

詳細をチェック

いぬのきもち・ねこのきもち保険(アクサダイレクト)

いぬのきもち・ねこのきもち保険画像
  • 保険料: 1270円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

詳細をチェック

フリーペットほけん(FPC)

フリーペットほけん画像
  • 保険料 :1590円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続なし
  • 1日の支払限度額:手術/10万円まで
  • 支払回数制限:
     通院30回/入院3回/手術1回

詳細をチェック

PAGETOP