プードル・トイプードル

見るからに愛らしいトイプードルは、人気犬種のNo.1!長生きできる犬種ですがトイプードルならではの発症しやすい疾患もあります。飼い方とともに説明しましょう。

プードル・トイプードルの特徴

やんちゃで可愛いトイプードル

プードルにはスタンダード・プードル、ミディアム・プードル、ミニチュア・プードル、トイ・プードルの4つのサイズがあります。

とくに人気の高いのがプードルとトイプードルで、プードルの体高が45〜60cmなのに対し、トイプードルは24〜28cmと大きさにはかなりの差があります。

性格は利口で活発、従順です。プードルは、もともとはカモ猟の猟犬でしたが、個性的なカットによって愛玩犬としての人気が高まりました。

人気が下降した時代もありましたが、毛が抜けない、体臭がないといった飼いやすさ、何より見た目の可愛らしさによって、近年の人気は安定しています。

とくにトイ・プードルの人気は高く、人気犬種ランキングでも近年は1位を保っています。

トイプードルの飼い方と性格

トイプードルは小さく可愛らしいルックスなのでおっとりとしたイメージを持っている人も多いようですが、活発で独立心が強いところがあります。

そのため最初のしつけが肝心です。きちんとしつけをすれば飼い主にもしっかりと従いますが、しつけをしないとやりたい放題になってしまう可能性があります

もともと狩猟犬だけあっ活動的なので運動は不可欠です。また飼い主が大好きなので「かまってまかって」とかなりからんできます。

そんな性質ですから、散歩だけでなく室内でもよく遊んであげるようにしてください

手入れの方法ですが、体毛が抜けにくいとはいえプードルの体毛は縮れているので、他の体毛とからまりやすい特徴があります。

毎月のトリミングと毎日〜2日に1回のブラッシングは必要です。

気をつけたいプードルの病気

トイプードルの寿命は14〜17歳ぐらいと考えられていますが、20代になっても元気に過ごしているトイプードルも少なくありません

毎日の健康管理によって長生きが期待できる犬種です。

トイプードルに多い病気として、まず第一に挙げられるのが目の病気である涙流症です。

トイプードルは逆まつげになりやすいので注意が必要です。

そのほか、下記の病気に注意してください。

  • てんかん
  • 偽血友病
  • 先天的難聴
  • 僧帽弁閉鎖不全症
  • 副腎皮質機能亢進症
  • 膝蓋骨脱臼
  • アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、膿皮症

人気な犬種だけに頻繁に繁殖されたことで遺伝性疾患を抱えていることがあるので、信頼できるブリーダーから譲り受けるようにしましょう

また、万一に備えてペット保険に加入することをオススメします。

小型犬など、病気になりやすいワンちゃんのための
ペット保険比較ランキングはこちら>>

月額保険料や補償内容、支払限度回数などで徹底比較!大切な家族を守ってくれる ペット保険総合ランキングはこちら

ペット保険総合ランキング

げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー少額短期保険)

げんきナンバーわんスリム画像
  • 保険料:1260円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

詳細をチェック

いぬのきもち・ねこのきもち保険(アクサダイレクト)

いぬのきもち・ねこのきもち保険画像
  • 保険料: 1270円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

詳細をチェック

フリーペットほけん(FPC)

フリーペットほけん画像
  • 保険料 :1590円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続なし
  • 1日の支払限度額:手術/10万円まで
  • 支払回数制限:
     通院30回/入院3回/手術1回

詳細をチェック

PAGETOP