おすすめペット保険口コミ比較ランキングTOP » 【人気犬種別】注意したい病気まとめ

【人気犬種別】注意したい病気まとめ

犬種別に注意したい病気や小型犬と中型犬・大型犬などサイズ別に気をつけたい病気、寿命についてまとめているカテゴリーです。

純犬種と雑種の違い

犬には純犬種と雑種(MIX)に2種類があり、それぞれ長所と短所があります。

【純犬種とは】用途や容姿を目的に合わせて改良した犬のこと。

○長所:性格や性質が予想できる。

×短所:特有の病気にかかりやすい。

【MIXとは】違う犬種をかけ合わせた犬のこと。

○長所:丈夫な場合が多い。

×短所:性格や性質が予想できない。

家族構成や環境にマッチした犬を迎えるために、また特定の犬種が好きといった理由で純犬種を選ぶ人も多いことでしょう。ただし、MIXに比べると犬種独自の病気に注意する必要があります

犬の大きさで病気の種類は変わる?

一般的に、犬のサイズは、小型犬・中型犬・大型犬に分けられることが多いようです。

  • 小型犬…10kg未満
  • 中型犬…10〜20kg未満
  • 大型犬…20kg以上

小型犬・中型犬・大型犬のサイズ別に注意しなければいけない病気もあります。

【小型犬に多い病気】

  • 水頭症
  • 膝蓋骨脱臼
  • 骨折
  • 椎間板ヘルニア
  • 乳歯残存

【中型犬に多い病気】

  • 皮膚病
  • 膝蓋骨脱臼
  • ウェルシュ・コーギーは椎間板ヘルニア

【大型犬に多い病気】

  • 股関節形成不全
  • 胃捻転
  • 心筋症

これを見ると小型犬は気をつけなければいけない病気が多いように感じますが、小型犬と中型犬の間にあるような大きさの犬は、小型犬に多い病気にかかる可能性があります。

また、寿命は小型犬が10〜20年、中型犬が10〜15年、大型犬が10年程度小型犬がもっとも長生きする傾向にあります。

小型犬は骨も細いために足の病気が多い特徴がありますが、こういったことを前もって知っておけば十分に発症を防ぐことが可能です。

大切なのは知っておくこと。各犬種ごとに性格だけでなく、かかりやすい病気も明らかになっているのでしっかり把握しておきましょう。

とくにペット保険の加入を考えている場合は、愛犬がかかりやすい犬種特有の病気を知っておくことが大切です。

犬種別で、病気以外に性格やしつけのコツもまとめていますので、これから犬を迎えたいという人も参考になると思います。

月額保険料や補償内容、支払限度回数などで徹底比較!
大切な家族を守ってくれるペット保険総合ランキングはこちら>>

ペット保険総合ランキング

げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー少額短期保険)

げんきナンバーわんスリム画像
  • 保険料:1260円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

詳細をチェック

いぬのきもち・ねこのきもち保険(アクサダイレクト)

いぬのきもち・ねこのきもち保険画像
  • 保険料: 1270円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

詳細をチェック

フリーペットほけん(FPC)

フリーペットほけん画像
  • 保険料 :1590円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続なし
  • 1日の支払限度額:手術/10万円まで
  • 支払回数制限:
     通院30回/入院3回/手術1回

詳細をチェック

PAGETOP