ペット保険が使える病院や保険の請求の流れ

ペット保険は基本的にどの動物病院でも利用できますが、ペット保険によっては保険の請求方法が変わってきます。このページではペット保険の請求方法についてまとめました。

ペット保険は基本的にどの病院でも使える

ペットの手術

ペットに万が一のことがあった時に飼い主を手助けしてくれるペット保険は、基本的にほとんどの動物病院で利用することができます。しかし、保険の受け取り方によっては対応している病院かどうか確認が必要です。

ペット保険会社の保険金支払い方法は主に2つ。1つめは一旦窓口で治療費を全額支払った後、保険会社へ連絡・請求をすると、保険対応分が振り込まれる「立替請求型」。2つめはその場で保険が適用され、差額分のみを窓口で支払「窓口割引型」です。

立替請求型は一旦窓口で治療費を全額支払う必要があり、保険金がおりるまで平均1~2週間空いてしまいますが、どの動物病院で診療を受けても保険を適用することができます。

窓口割引型は、窓口で保険金分を差し引いた差額分を支払うだけなので、立替請求型のような手間がないのが魅力。ですが、対応できる動物病院が限られてきます。

ペット保険に加入する際には、保険の支払いタイプや普段利用している動物病院がどの支払いタイプかを個別に調べることが大切です。

基本的な保険請求の流れ

ペット保険の主な保険請求の流れは以下のようになります。

・立替請求型の保険請求の流れ

立替請求型のペット保険は、一旦診療にかかった費用を窓口で全額支払いし、後日保険会社へ請求するタイプです。

立替給付型は、保険を請求するにあたって保険会社の指定する必要書類をそろえなければいけません。
主に必要とされる書類 は、どんな治療や診断を受けたかが分かる「診療明細書」と「領収書」の原本。それに加えて保険会社が用意している「保険請求書」に必要事項を記載の上、郵送するのが一般的です。

診察内容が細かく記載された診療明細書は、伝えないと出してくれない動物病院もありますので、診察の前に「診療明細書もお願いします」と一言伝えておくことが大切です。いざ保険を請求しようとして書類が足りないと、また動物病院に行くことになります。

書類が足りないまま請求書類を郵送してしまうと、書類不備で返ってきますので注意しましょう。領収書がそのまま診療明細書として使える病院もありますので、事前に確認しておくと安心です。

・窓口割引型の保険請求の流れ

窓口割引型のペット保険は対応している動物病院であれば、人間の保険のように保険金分を引いた自己負担分のみを窓口で支払えるシステム。立替請求のような手間がなく家計に負担をかけないのが魅力です。

ほとんどの窓口割引型ペット保険では、保険に加入するとペットの顔写真が入った保険加入証明証がもらえます。窓口で保険加入証を提示するだけなので手軽に利用することが可能です。しかし、保険加入証を持ってくるのを忘れてしまうと、立替請求しかできなくなってしまうので要注意。保険加入証の紛失・忘れには十分気を付ける必要があります。

ほとんどのペット保険では立替請求型を採用しており、全国どこの病院でも利用することができます。窓口割引型は一部の動物病院でしか利用することができませんが、対応していない動物病院では保険が使えない、という事ではありません。立替請求型のように、必要書類を保険会社に送付すれば保険金がもらえます。

そのため、窓口割引型の保険では、「対応している病院では窓口割引」「対応していなければ立替請求」と支払いを選ぶことができるので選択肢が多いのが魅力です。

窓口割引型のメリット・デメリット

窓口割引型のペット保険は、対応している動物病院であればその場で支払う医療費を抑えることができます。立替請求のような手間がなく気軽に保険を利用することができる点がメリットの保険請求方法ですが、ペット保険と提携している動物病院のみでしか利用できない点がデメリット。

そのためわざわざ提携している病院を探してその病院を利用する方もいますが、窓口割引に対応していない動物病院でも、立替請求をすることが可能です。

自宅の近くや普段から利用している動物病院であれば問題はありませんが、対応病院が遠くにしかないとなると、ペットの万が一に間に合わないなんてことにもなりかねません。

窓口割引型のペット保険は利用が手軽な分、立替請求型のペット保険よりも割高になりやすく、回数制限が設定されている場合も多いといったデメリットもあります。窓口割引型に固執しすぎず、利用できるのであれば利用する、といった心構えでいるのがおすすめです。

かかりつけの動物病院をつくろう!

ペットの健康を守る上でかかりつけの動物病院をもつことは重要です。ペット保険に対応している動物病院を選ぶのではなく、かかりつけの動物病院で使える保険かどうかを確認しましょう。

病気やケガがおきた時以外にも、予防接種や定期的な健康診断などで利用する動物病院。大事なペットたちの健康を守るための大事な場所です。ペットは人間とは違って、自分の痛い場所や症状を言葉で説明することはできません。そのため、診療する際には普段からペットのことをよく見ている飼い主の証言が必要になります。

それを同じように、普段から同じ動物病院でお世話になっていると、獣医さんもペットの癖や弱い部分などを把握してくれるようになるのです。また、通い始めてからのさまざまな情報をカルテに記載しているので、いつどんな病気になったか、どんな治療をしてどういう結果になったかをすぐに確認することができ、より良い治療を導き出すことが可能になります。

病気やケガの治療に関することだけでなく、日常生活の悩み相談やそのペットにあった健康管理のアドバイスをもらうこともできるので、飼い主の心強い味方にもなるでしょう。できれば近場で通いやすい動物病院がおすすめです。

ペットによっては長距離の移動がストレスになる場合もありますし、万が一の時に場所が遠いと処置がおくれてしまうことにもなりかねません。また、近場の方が飼い主の移動の負担も減るので、ペットと自分に優しい動物病院をみつけることが大切です。

関連してよく読まれているページ

ペット保険が大切な理由とは

保険で補償できること・できないこと

料金の目安と保証期間

保険金の請求方法

失敗しないペット保険の選び方

ペット保険はいつから入るのがベスト?

すでに病気やケガをしたペットをペット保険に加入させられる?

ペット保険は詐欺?よくある保険トラブルとは

ペット保険をすぐに適用したい際の注意点

ペット保険の少額短期保険とは?損害保険との違いや加入条件

ペット保険は本当に必要?加入していないとどうなるか

月額保険料や補償内容、支払限度回数などで徹底比較!
大切な家族を守ってくれるペット保険総合ランキングはこちら>>

ペット保険総合ランキング

げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー少額短期保険)

げんきナンバーわんスリム画像
  • 保険料:1260円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

公式サイトはこちら

いぬのきもち・ねこのきもち保険(アクサダイレクト)

いぬのきもち・ねこのきもち保険画像
  • 保険料: 1270円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

公式サイトはこちら

フリーペットほけん(FPC)

フリーペットほけん画像
  • 保険料 :1590円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続なし
  • 1日の支払限度額:手術/10万円まで
  • 支払回数制限:
     通院30回/入院3回/手術1回

公式サイトはこちら

PAGETOP