ペット保険は詐欺?よくある保険トラブルとは

保険金が降りず「ペット保険は詐欺」といった不信感を持っている人も少なくないペット保険。このページではその原因やよくあるペット保険トラブルと、トラブルが起きた際にどうすれば良いのかを紹介しています。

ペット保険のトラブル事例とその原因

ペットの手術

ペット保険に入ってみたいけど、「ペット保険で詐欺にあうことはないの?」「加入して起こるトラブルはある?」といった不安から、なかなか保険の加入に踏み出せない人も多いのではないでしょうか?

ペット保険の詐欺に関しては、「獣医師や飼い主が結託して保険会社から不正に保険金をもらった」という事件はありましたが、現在の主要な保険会社であれば、詐欺被害を受ける心配はありません。しかし、ペット保険の対応や保険金の支払いに関して、「これは詐欺では」と感じるトラブルはあるようです。

ペットに万が一のことがあった時、家計への負担を減らして十分な治療を受けられるよう手助けしてくれるペット保険。しっかり適切に利用するために知っておきたいペット保険の事件やトラブルの事例を紹介します。

話題になった全国初のペット保険詐欺

ペット保険を加入するにあたって、飼い主には告知義務が課せられます。今までペットがどんな病気をしていたか、飼い主は正確に保険会社に伝えなくてはいけません。保険会社に虚偽の告知をした結果、逮捕された詐欺事件があります。

逮捕されたのはなんと獣医師。病院を訪れた飼い主にペット保険を勧めて加入させ、手術や治療の回数を増やし、数十万もの保険金を保険会社からもらったそうです。

本来、保険加入前や保険が適用される期間以前の病気やケガは保険に適用されないのですが、獣医師自らウソの診断書を書き、保険適用後に治療した、として保険金を請求。不審に思った保険会社が調査を行い発覚しました。犯行動機は病院の知名度をあげたかったという身勝手なもの。

この事件のあとペット保険会社では、告知の義務や請求に関する調査をさらに厳しくするところが増えました。新規加入する際や保険金を請求するにあたって、かなり細かく見るようになったのです。

これは詐欺?ペット保険のトラブル事例

せっかくペット保険に入っても、ペット保険の利用規約やよくあるトラブル事例を知らないと、万が一の時に保険金がもらえない!なんてことにもなりかねません。実際にあったトラブル事例を参考に、ペット保険に加入する際の注意点を確認しましょう。

トラブル事例その1
「ペット保険会社から突然の保証対象外通告」

今まで保険のおりていた病気で現在治療中にも関わらず、突然「もうこの病気には支払わない」と言われました。

そもそも、保険に入ろうと思ったきっかけは中学生のころから17年間連れ添った愛犬の晩年が病気だらけで医療費が大変だったことにあります。車1台楽に買えてしまうほどの治療費がかかりました。治療費が惜しいと思ったことはありませんが、まだ飼っているペットのことや今後の経済的な負担を考えてペット保険に加入することにしたのです。

それから毎年36,650円を支払い続けてきました。加入して8年経ったある日、愛猫に肝機能障害が見つかり、定期的な検査・飲み薬が必要に。飲み薬のうち一つはサプリだったので保険は適用されませんでしたが、何のカバーもないよりは経済的にも精神的にも安心して治療を行うことができました。しかし、ペット会社から届いた通知で事態は一変します。

届いた通知には「肝・胆道系疾患について、次回からは保険の対象外とさせていただきます」というものです。

あまりにもアバウトな表現に絶句しました。どこまでの症状のことを指しているのかも不明瞭ですし、なによりも今現在「肝機能を治療中」であることを分かっていながら突然の保証対象外宣告。カスタマーセンターにすぐに確認しましたが「通知の通りです」と言われ、今治療中のものだけでなく、今後肝臓に関する病気も全て対象だと説明されました。長年加入していたのに、いざ利用すると保険金を払いたくないという保険会社の対応はあまりにも酷すぎると思います。

トラブル事例その2
保険加入前のケガが原因?保険金が下りない!」

3歳になる柴犬を飼っていますが、生後3ヶ月前後の時に骨折をして手術をしました。完治した後は特に問題もなくとっても元気。

1歳になったときに今後のことを考えてペット保険に加入しました。つい先日ですが、友人の犬と遊ばせていたときに突然痛そうな声で鳴いたので、慌てて様子を見てみると、以前骨折した足と同じ足を引きずっていました。すぐに病院に連れて行くと膝蓋骨脱臼だと診断され、原因は不明とのこと。保険が適用されるのか気になったので、カスタマーセンターに連絡をしたところ「保険は適用できません」と言われました。保険に加入する前の骨折が原因である可能性が高いという事がその理由だそうです。
個人的にはぜんぜん納得できません。

保険に加入する前には骨折は治っていましたし、獣医の先生も「何が原因かは分からない」と言っています。何が原因かもわからないのになぜ適用外になってしまうのか。骨折が原因ではない、とハッキリ証明できないことには保険金はやはり下りないのでしょうか?

知り合いに、ワンちゃんが骨折したことを申告しないでペット保険に加入した人がいるのですが、骨折した足と同じ足が関節炎になっていても保険はおりたそうです。正直に申告した私が悪かったのでしょうか?本当に納得できません。

トラブル事例その3
「移転しても連絡なし!解約後も引き落としが続いた」

ペット保険に加入してもう10年以上になります。ペット保険に加入した当時は、今のようにペット保険の種類も少なくほぼ強制的に加入させられました。それからペットはすくすくと育ち、病院にもペット保険にも世話になることなく、いつも元気。しばらくして保険に入っていたことを思い出し、連絡してみると、なんと電話番号が変わっていたのです。さらに本社も移転していました。

私にそういった連絡は一切来ておらず、毎月2,000円以上が引き落とされていたのです。加入して10年以上たったら3万円が返ってくるという健康返戻金がついている契約をしていたので、このタイミングで解約することを決意。誠意を感じない対応に不信感を感じたこともありますが、公式サイトもないような小さな会社で今後の存続が不安だったことも解約した理由です。しかし、解約をお願いしたにも関わらず引き落としが続いていたので、すぐに保険会社へ連絡。ですが全く対応する気はないようでした。

健康返戻金に関しても、保険証券をそのまま送らないと対応できないと言うのです。さすがにそれはおかしいと猛抗議してコピーで対応してもらうことを了承してもらいましたが、おざなりな対応に腹の虫が治まりません。このまま返戻金が返って来なかったらどうしたら良いのか、悩んでいます。

「保険金が下りない」「引き落としが続いている」といった事例は、ペット保険でよく聞かれるトラブルです。ペット保険ができた当初は対応の悪い保険会社も多かったようですが、近年では大手企業の参入も増え、主要な保険会社では丁寧に対応してくれるようになりました。

事例1のケースに関しては難しいのですが、事例2のように、最初でなんの病気が対象になるかをしっかり理解していないと万が一の時に保険金が下りず、困った事態になる人も少なくありません。保険会社も慈善事業ではないので、なんでもかんでも補償してしまうとすぐに潰れてしまいます。ですが、できるだけ飼い主の負担を減らすことを目的に、手術に特化したり特定の病気に強くするなど折り合いをつけたりして提供しているのです。各保険会社ではどういった症状に保険が適用できるのかを細かく定めているので、保険を選ぶ際には自分のペットに合う内容かどうかをしっかりチェックすることが大切です。

また、保険加入前の症例を偽って加入してしまうと、法的処置をとられる可能性もあるので絶対にやってはいけませんよ。

もしトラブルにあったら消費者センターか弁護士に相談しよう

解約したにもかかわらず保険料が引かれ続けていたり、不当な理由で保険金が支払われなかったりする場合には消費者センターか弁護士に相談しましょう。近年では消費者センターや弁護士へ相談するケースも増えているようです。しかし、ペット保険で起こるトラブルの原因は飼い主の認識不足がほとんど。ペット保険は人間の保険とは違い保険適用対象外になる事が多いのが特徴です。予防接種や予防に関する薬、サプリメント、生まれつきの病気や障害の治療、避妊と去勢も対象外になります。

「安いから」といった安易な理由でペット保険を決めるのではなく、補償の内容や免責事項、トラブルにどう対応してくれるかなどをしっかり確認してから保険を選びましょう。内容が難しくて分からない時は、かかりつけの動物病院やすでにペット保険に加入している人に話を聞くのもおすすめですよ。

関連してよく読まれているページ

ペット保険が大切な理由とは

保険で補償できること・できないこと

料金の目安と保証期間

保険金の請求方法

失敗しないペット保険の選び方

ペット保険はいつから入るのがベスト?

すでに病気やケガをしたペットをペット保険に加入させられる?

ペット保険をすぐに適用したい際の注意点

ペット保険が使える病院や保険の請求の流れ

月額保険料や補償内容、支払限度回数などで徹底比較!
大切な家族を守ってくれるペット保険総合ランキングはこちら>>

ペット保険総合ランキング

げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー少額短期保険)

げんきナンバーわんスリム画像
  • 保険料:1260円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

詳細をチェック

いぬのきもち・ねこのきもち保険(アクサダイレクト)

いぬのきもち・ねこのきもち保険画像
  • 保険料: 1270円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

詳細をチェック

フリーペットほけん(FPC)

フリーペットほけん画像
  • 保険料 :1590円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続なし
  • 1日の支払限度額:手術/10万円まで
  • 支払回数制限:
     通院30回/入院3回/手術1回

詳細をチェック

PAGETOP