ペット保険料の目安と保証期間

ペット保険の犬や猫の保険料金(掛け金)の相場はいくらぐらいなのでしょうか。また、格安の保険料でも補償内容は充実しているのでしょうか?

犬や猫の保険料はどう決まる?

犬のお医者さん

ペット保険の保険料は月々一定額を払う場合と、1年間の保険料を一括で払う場合があり、後者のほうが割安となっています。

保険料は以下よって決まります。

  • 補償タイプ
  • 動物の種類
  • ペットの大きさ(犬の場合)・犬種
  • ペットの年齢

「補償タイプ」はどのぐらい手厚い補償をしてもらえるかということで、医療費の50%が補償されるのか、70%が補償されるのかによって保険料は異なります

通院まで補償するのか、手術や入院のみの補償なのかによっても金額に差が出てきます

ペットの種類は、犬なのか猫なのか、それとも別の小動物なのかということです。犬の場合は犬種によって保険料が定められている場合が多く、猫も猫種によって保険料が定められる場合があります。

犬のほうが猫よりは高額になる場合が多いのですが、これは犬のほうが傾向的に病気にかかりやすいからです。また、小型犬よりも大型犬のほうが高額になります。

これは大型犬のほうが医療費が高額になりがちなことや平均寿命が小型犬に比べて短い傾向にあるからです。また、病気が少ない犬種は保険料も安くなっています。

保険料の目安は?

犬の場合は1000〜4000円、猫の場合は1000〜3000円程度が一般的です。

1000円以下の格安の保険もありますが、その場合は補償内容が限られているので注意が必要です。

格安の保険でよくあるのは、手術とそれに伴う入院に特化しているだけで通院などには適応されないというもの。

補償限度額の上限が50万円までと決められている保険もあります

もちろん保険料は安い方がベターですが、ペットが病気にかかる可能性を考えると通院も補償され、制限される補償金額も低くないほうが安心です。

保険料は、年齢によっても異なります。基本的には若いほうが安く、年齢を重ねるごとに保険料は上がっていきます(加入時の掛け金が固定されたものもあります)。

これは若い頃に比べ、加齢の度に病気にかかりやすくなるためです。

ペット保険に加入できる年齢は7〜10歳を上限としているところが多いようですが、この年齢までに加入しておけば、それ以上の年齢になっても保険契約を継続することができます。

契約の更新は1年ごとに行なわれますが、保険が継続できるペットの年齢は各社で異なります。11歳まで、あるいは16歳、18歳までしか継続できない保険会社もありますが、終身で継続できる保険も増えています。シニア世代の病気にも対応できる終身補償の保険がオススメです。

各社によって異なるペット保険の内容

ペット保険は、保険料や補償内容、継続年齢、特約サービスなどが保険会社によって異なります。それぞれに特徴があるので、加入前にはしっかり検討してください。

例えばペット保険は掛け捨てという印象がありますが、「健康払戻金」や「死亡給付金」といった制度が整っている保険もあります。

健康払戻金は、加入中にまったく補償を受けなかったペットに対して返金されるボーナスのようなもの。死亡給付金はペットが亡くなったときにお見舞金として支払われるものです。

ただし、これらはオプション特約をしないと受け取れなかったり、死亡給付金もペットが亡くなるまで契約を続けないと受け取れないなど、長い目で見ると得とは言い切れない場合もあります。

補償開始時期もいろいろです。これは保険契約を開始してから保険金が支払われない期間のこと。

ケガについてはすぐに補償されますが、病気の場合はすぐに補償されない場合があります。例えば病気は30日、ガンは45〜120日補償が受けられない保険会社もあるので注意しましょう。

ペット保険は1年ごとの契約?更新に関してチェックしてから決めよう

ペット保険に入っておけばもうずっと安心と思っていませんか。確かにペット保険加入済みなら安心できる面は多いです。

当面の間は安心だと考えていいでしょう。しかし、ペット保険に入っていても安心できない点もいくつかあります。

ずっと安心だと思っていてトラブルになってしまうケースも多いです。特に更新に関しては、きちんと理解した上で加入する必要があります。

人間の保険とペット保険との主な違い

子犬

人間の医療保険は定期型と終身型があります。終身型は毎月の険料が加入時のままで、解約しない限り一生涯にわたって補償を受けられます。

定期型は一定の契約期間が設けられていて、期間満了時に更新する仕組みです。

更新時に保険料も上がります。

例えば、チューリッヒ生命の定期保険プレミアムなら10年ごとに更新を行い、保険料が上がる仕組みです。

終身医療保険プレミアムDXなら、一生涯続けられます。

これに対して、ペット保険は1年ごとに契約を更新する仕組みが一般的です。終身保障を謳っているペット保険も多いですが、ペット保険の終身保障は人間の保険とは仕組みが異なります。

ペット保険での終身保障は年齢にかかわらず更新可能という意味です。終身を謳っている保険でも1年ごとに更新しなければなりません。

終身でない場合には、一定の年齢に達すれば打ち切りということになります。また、終身でも更新時に保険料が上がる場合があることもペット保険の特徴です。

終身保障を謳っているのはアクサダイレクトやau損保ペット保険、PS保険などがあります。

アイペットとau損保ペット保険は、更新のたびに保険料が上がり、特に高齢になってからの上がり具合が顕著です。

これに対して、PS保険は、3年おきに保険料が上がり、12歳以降は更新しても上がりません。人間の保険に近い仕組みです。

ペットの生年月日がはっきりと分からない場合には

ペット保険に加入する際には、ペットの生年月日を申告しなければなりません。

ペットショップで購入したペットは生年月日が明確に分かります。しかし、譲り受けた場合や野良猫を拾ってペットにした場合には、はっきりとした生年月日が分からないことが多いです。

その場合、おおよその生年月日を申告するのは避けましょう。生年月日がはっきりと分からない場合には、獣医師に推定の生年月日を診断してもらいます。

はっきりと判明していない生年月日を勝手に決めてしまうと、保障を受ける際や更新時にトラブルになってしまうこともあるため注意が必要です。

年齢や加入後の疾病などで更新を断られることがある

ペット保険は更新の時期が来ると、特に解約手続きを行わない限り自動更新されるのが一般的です。

しかし、終身保障の保険や更新可能な年齢でも、更新できないことがあります。

特に、再発する可能性の高い病気や慢性化しやすい病気にかかった場合は更新を断られてしまうことが多いです。

更新のたびに審査を行い、基準を満たさないと更新できない保険会社もあります。更新できない可能性ががある保険会社では、あらかじめ更新に関することが明示されています。

しかし、あまりよく確認しないで契約してしまい、更新時にトラブルになってしまうケースも少なくありません。

更新に関して不安に思っている場合には、なるべく更新に制限のない保険会社を選ぶのがいいでしょう。

更新できない場合には、他の保険会社に乗り換えようと考えている人もいるかも知れません。

しかし、更新よりも新たに加入する方がハードルが高いです。高齢だと、年齢だけで加入できないこともあります。

また、どの保険会社でも不自然な請求が続くと、更新を断られる可能性があります。

通常通りに動物病院を利用して保険金を請求するだけなら特に気にする必要はないですが、念のため注意しておきましょう。

更新後の通院で保険金が下りないことがあるって本当?

ペット保険では保険金の金額に限度額が設けられていることが多いです。

何度も通院が必要な状態になると、最初の方では保険金が下りても、後の方では限度額に達して全額自費になってしまうことも少なくありません。

限度額は疾病ごとに設定されている場合と、1年間の合計金額で設定されている場合があります。

また、同一の疾病に関しては、更新後に保険の対象外になることもあるため注意が必要です。

限度額に関しては、更新後にリセットされる保険会社と更新後にも引き継がれる保険会社があります。

引き継がれる場合には、更新自体が可能でも保障はかなり薄いものになってしまう可能性があるため注意しましょう。

更新後の保険料はそのままか?上がるのか?

保険を選ぶ際には、保障内容と合わせて保険料の金額を見て、お得かどうか判断するでしょう。

ペット保険においては、更新時に保険料の金額が変わることが多いため、トータルでかかる保険料を比較して決めるのが望ましいです。

ペットの年齢が若いうちに加入する場合には、加入時の保険料で比較してしまわないように注意しましょう。

加入時の保険料が安くても、高齢になったときに大幅に上がってしまうところもあります。一定年齢に達した後は、保険料が上がらないところだと分かりやすいです。

まとめ

ペット保険は更新できない場合がある点や疾病ごとに支払限度額が設けられている点など、人間の保険とは異なる点も多いです。

更新時に条件が変わったり更新を断られたりすることでトラブルに発展するケースもあることから、加入前に更新に関して吟味しておく必要があります。

関連してよく読まれているページ

ペット保険が大切な理由とは

保険で補償できること・できないこと

保険金の請求方法

失敗しないペット保険の選び方

ペット保険はいつから入るのがベスト?

すでに病気やケガをしたペットをペット保険に加入させられる?

ペット保険は詐欺?よくある保険トラブルとは

ペット保険をすぐに適用したい際の注意点

ペット保険の少額短期保険とは?損害保険との違いや加入条件

ペット保険は本当に必要?加入していないとどうなるか

月額保険料や補償内容、支払限度回数などで徹底比較!
大切な家族を守ってくれるペット保険総合ランキングはこちら>>

ペット保険総合ランキング

げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー少額短期保険)

げんきナンバーわんスリム画像
  • 保険料:1260円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

公式サイトはこちら

いぬのきもち・ねこのきもち保険(アクサダイレクト)

いぬのきもち・ねこのきもち保険画像
  • 保険料: 1270円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

公式サイトはこちら

フリーペットほけん(FPC)

フリーペットほけん画像
  • 保険料 :1590円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続なし
  • 1日の支払限度額:手術/10万円まで
  • 支払回数制限:
     通院30回/入院3回/手術1回

公式サイトはこちら

PAGETOP