ペット保険をすぐに適用したい際の注意点

ほぼすべてのペット保険では、保険に加入した後も一定期間は保険を適用することができない「待機期間」というものが存在します。このページではペット保険の待機期間がどのように設定されているのかを、ペット保険会社3社を例に紹介しています。

しっかり確認しよう!ペット保険加入後の「待機期間」について

ペット保険加入後の「待機期間」

いつも元気なペットでも、いつ病気や事故にみまわれるか分かりません。突然大きな手術をすることになった…、そうなってしまった後にペット保険に入ろうと思っても、ペット保険には「待機期間」という保険が適用されない期間が平均1ヶ月程度存在します。そのため、「1週間後に大きな手術がある」「長期通院が必要になった」という理由でペット保険に入って次の診療にかかる医療費を安くしたいと考えても、ペット保険を適用することはできないのです。また、待機期間の後に手術や通院を行うとしても、基本的に保険加入前の病気やケガには保険は適用されないため、急な治療にペット保険を適用させることは難しいでしょう。

ペット保険の待機期間とは

待機期間とは、保険に加入してから補償が開始された後に発生する「保険が適用されない期間」のことです。

ほぼすべてのペット保険で、保険加入申し込みから補償が開始されるまでの待機期間が設定されています。補償が開始されるまでの日数は一律で決まっているわけではなく、保険会社それぞれで決められていますので、加入前にどれだけ待機期間があるのか確認をすることが大切です。ケガなのか病気なのかによっても、待機期間が変わりますので注意しましょう。

それでは、各保険会社でどのように待機期間が設定されているのか、リーズナブルな価格で充実の補償を受けられると評判の良い3社を例に見てみましょう。

げんきナンバーわんスリム
補償開始時期 ■WEBから加入手続きした場合
最短翌日から補償開始
例:10月1日に保険加入手続きが完了した場合
補償開始→10月2日
※保険加入手続きが完了した、翌日午前0時から
■書類を輸送して加入手続きした場合
最短で書類輸送した月の翌月頭から
例:10月1日に申し込み書類を提出し、15日までに保険会社に到着した場合
補償開始→10月31日の翌日午前0時・11月1日から
待機期間
  • ケガ→補償開始日から15日間
  • ガン以外の病気→補償開始日から30日間
  • ガン→補償開始日から90日間

補償開始日からケガであれば最短15日から補償が適用される「元気ナンバーわんスリム」。ガンに関しては補償開始日から90日間までは対象対象外の期間が設定されています。補償の開始が早いWEBからの申し込みはクレジットカード払いのみ。口座振替は書類輸送での申し込みのみとなっているようです。

いぬのきもち・ねこのきもち保険
補償開始時期 ■WEBから加入手続きした場合
ペット保険加入申し込みが完了した日の翌日から補償開始
■書類を輸送して加入手続きした場合・クレジットカードで申し込んだ場合
与信の確認が取れた日の翌日から補償開始口座振り込みの場合
口座振替の場合は、輸送した加入申し込み
用書類に不備がなく、加入審査手続きが完了した日の翌日から補償開開始
待機期間
  • ケガ→待機期間なし
  • ガン以外の病気→補償開始日から30日間
  • ガン→補償開始日から120日間

アクサダイレクトが提供するペット保険「いぬのきもち・ねこのきもち保険」では、ケガへの待機期間は設定されていないため、ケガに関しては補償開始日から保険が適用されます。ガン以外の病気に関しては30日間、ガンは120日間保険を適用することができません。ガンへの待機期間は、その他のペット保険会社よりも長めなのが特徴です。

フリーペット保険
補償開始時期 ■WEBから加入手続きした場合
・クレジットカード払いの場合
クレジットカードより保険料引き落とし決済がされた21日後から補償開始
例:4月5日に申し込み完了した場合
補償開始→4月25日から
・口座引き落としの場合
初回口座引き落とし日(毎月27日)から補償開始。
毎月1~15日までの申し込みなら翌月27日、16~末日までの申し込みであれば翌々月の27日から補償開始
例:4月5日申し込み完了した場合
補償開始→5月27日から
例:4月16日に申し込み完了した場合
補償開始→6月27日から
待機期間 なし

FPSが提供している「フリーペット保険」ではケガ・病気・ガンに対しての待機期間を設定していません。クレジットカード払いでの申し込みであれば最短21日後から保険を適用させることが可能です。しかし、口座引き落としの場合、補償が開始されるまでの期間がその他の保険会社よりも長めのため、支払い方法によっては待機期間を設定しているその他の会社と相違ないこともあります。

ウソの申告は絶対NG!飼い主の告知義務

もう手術が決まっている場合や長期的な通院が必要になってしまった場合に、そのことを知らせずに保険に加入するのは絶対してはいけません。ペット保険に加入するにあたって、飼い主は過去のペットの病歴やケガの詳細などを正確に保険会社へ伝えなければいけない「告知義務」があります。ウソの告知をしてしまうと法的処置をとられることも。

(※こちらの詳細については「すでに病気やケガをしたペットをペット保険に加入させられる?」のページにて詳しく紹介しています)

加入申請時だけでなく、保険を申請する際にも保険会社は細かくチェックしているため、ウソの告知をしてもすぐバレてしまうでしょう。

また、「待機期間が終了してから病院へ行けばいいよね」といった考え方で、ペットの調子が悪くても病院に行かずにいた場合でも、「待機期間中に起こったことが原因」であれば保険は適用されません。下手をすれば処置が遅れて悲しい結果を招いてしまうことにもなりかねないので、ペットの体調が優れない場合は待機期間であってもすぐに病院へ連れていきましょう。

ペット保険が必要になってからあわてて加入しようとするのではなく、いつでも万が一に備えられるように早い段階から保険に加入することをおすすめします。

関連してよく読まれているページ

ペット保険が大切な理由とは

保険で補償できること・できないこと

料金の目安と保証期間

保険金の請求方法

失敗しないペット保険の選び方

ペット保険はいつから入るのがベスト?

すでに病気やケガをしたペットをペット保険に加入させられる?

ペット保険は詐欺?よくある保険トラブルとは

ペット保険が使える病院や保険の請求の流れ

月額保険料や補償内容、支払限度回数などで徹底比較!大切な家族を守ってくれる ペット保険総合ランキングはこちら

ペット保険総合ランキング

げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー少額短期保険)

げんきナンバーわんスリム画像
  • 保険料:1260円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

詳細をチェック

いぬのきもち・ねこのきもち保険(アクサダイレクト)

いぬのきもち・ねこのきもち保険画像
  • 保険料: 1270円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

詳細をチェック

フリーペットほけん(FPC)

フリーペットほけん画像
  • 保険料 :1590円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続なし
  • 1日の支払限度額:手術/10万円まで
  • 支払回数制限:
     通院30回/入院3回/手術1回

詳細をチェック

PAGETOP