保険金の請求方法

ペット保険の保険金の一般的な請求方法とその流れについて解説します。最近増えてきた窓口精算についても紹介しましょう。

ペット保険の請求の方法

請求の方法は?

ペット保険による保険金の請求には、2つの方法があります。

【動物病院での窓口精算】

ひとつ目は動物病院の窓口で精算する方法です。

病院の窓口で補償額(保険金)を差し引いた自己負担金額のみを支払う方法で、保険会社に請求する手間が省けるのでとても便利です。

ただし、窓口では精算できない場合もあります。

  • 動物病院側が保険金の窓口精算に対応していない場合
  • 契約が有効であるかどうか病院窓口では確認できない場合
  • 同日に複数回の通院をした場合
  • 提出書類が必要となる場合
  • 入院期間が保険期間外にかかる場合

注意したいのは保険会社によっては、契約直後は窓口精算ができない期間を設けていることです。

そのほか各保険会社との契約内容によっては、窓口精算ができない場合があります。また、いったん窓口精算ができても何か不備があった場合は、再度の手続きが必要となることがあります。

【診察後に保険会社に請求する方法】

もうひとつはいったん動物病院で精算を済ませ、後日保険会社に請求するという方法です。

窓口精算に比べれば少し面倒ですが、しっかり査定を受けた後に受け取れるので二度手間がかからないというメリットもあります。書類を郵送する場合もありますが、Webサイト上から手軽に請求できるペット保険もあります。

請求期間は、動物病院で治療を受けてから30日以内としている保険会社が多いようです。同じケガや病気で同じ動物病院で治療を受けた場合は、保険金の請求をまとめて1回で行なえるので便利です。

支払いまでの期間は、書類到着後から15〜20日以内が多いようです。書類に不備があると支払いまでの期間がのびてしまうので、書類はきちんと揃えるようにしましょう。

スムーズな請求を行なうために

何か不明な点、少しでも不安な点があればペット保険会社のコールセンターなどに連絡してみましょう。

保険会社によって契約内容に違いがあり、わかりにくいケースもあるからです。保険金が支払われるケースであるかどうかを前もって確かめておくと安心です。

また、支払い限度額がある保険であるかどうかも事前によく確認しておきましょう。保険の契約内容をよく読んでおかなかったために、保険金を請求して初めて支払限度額があったことを知った、というケースもないわけではありません。

通院や入院も1日あたり1万円までといった支払限度額があったり、手術は年2回までしか利用できないといった細かい規定が各保険であります。事前にしっかりと把握しておきましょう。

月額保険料や補償内容、支払限度回数などで徹底比較!大切な家族を守ってくれる ペット保険総合ランキングはこちら

ペット保険総合ランキング

げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー少額短期保険)

げんきナンバーわんスリム画像
  • 保険料:1260円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

詳細をチェック

いぬのきもち・ねこのきもち保険(アクサダイレクト)

いぬのきもち・ねこのきもち保険画像
  • 保険料: 1270円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

詳細をチェック

フリーペットほけん(FPC)

フリーペットほけん画像
  • 保険料 :1590円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続なし
  • 1日の支払限度額:手術/10万円まで
  • 支払回数制限:
     通院30回/入院3回/手術1回

詳細をチェック

PAGETOP