保険で補償できること・できないこと

ペット保険で補償できる病気や疾患、対象となる動物と、ペット保険補償外となる疾患や治療についてまとめています。やはりペット保険には入るべきなのでしょうか?

ペット保険で補償できること

動物病院で積極的に治療できるペット保険

ペット保険は、病気やケガの治療費を、多くの場合は50〜70%補償してくれるものです。犬・猫だけを対象としている保険もあれば、フェレット、うさぎ、鳥といったペットまで補償対称としているペット保険もあります。

中にはカメやリス、イグアナなどが入れる保険もあります。

ただし、補償内容はそれぞれで異なります。例えば手術や入院に特化している保険の場合は、通院費用は補償されません。ですから「どういう補償を受けたいか」ということをよく考えた上で保険に加入することが大切です。

通院まで補償している保険の場合は、目の病気、皮膚病やアレルギー、消化器(胃腸、誤飲)、感染症(回虫やコクシジウムなど)、腎臓や結石といった泌尿器系の病気、骨格系疾患、脳や神経疾患(椎間板ヘルニア)、脱臼や骨折などの骨格系疾患、耳の疾患というふうに、あらゆる病気に対応しています。

補償外の疾患や治療は?

通院しても補償されない主なものは、以下の通りです。

  • 既往症
  • ワクチン接種
  • ワクチン接種によって予防できる病気
  • 健康診断
  • 歯石除去などの歯科治療
  • 不妊手術
  • 出産
  • 自然災害によるケガなど

そのほか先天性異常や食中毒については、各社によって異なります

先天性異常とは生まれたときから持っている病気のことですが、新たに発見された先天性異常については補償対象としているペット保険もあります。

また食中毒は病気とはみなさずに補償外とされることも。医療ミスについても対象からはずしたり、小型犬に多い膝蓋骨脱臼や椎間板ヘルニアを対象としていない保険もあります。

ホメオパシーなどの代替医療やサプリメント、シャンプー、往診など診察費用以外の費用なども対象となりません。既往症とは保険加入前にかかったことのある病気のことで、治っているとしても対象外となるケースがほとんどです。

加入自体ができない場合もあります。すでに悪性腫瘍や腎不全、てんかん、水頭症、糖尿病といった病気にかかっている場合、また猫免疫不全ウイルス感染症や猫白血病ウイルス感染症にかかっている猫も加入はできません

ペット保険はやっぱり入るべき?

保険に加入できる条件は「加入時に健康なペット」であることです。

繰り返しの治療が必要な持病を持つ前でないと入ることはできない、と考えておいたほうがいいでしょう。

ほとんどのペットがもともとは健康で、成長する中でケガをしたり、下痢や風邪などのよくある病気にかかったり、シニア世代になって病気にかかることが増える、というのが一般的です。

やはり「転ばぬ先の杖」となるペット保険には、加入しておいたほうが安心だといえます。

その際は、安さだけで選ぶのではなく、「手術」「入院」「通院」のどれが、補償されるのかに注目を。この3つすべてが補償される保険に加入しておいて間違いはありません

加入時に健康診断書が必要な保険もありますが、多くは過去のケガや病気、現在の健康状態の記入だけで済みます。ただし犬も猫も9歳以上は健康診断の提出が必要な場合があります

 

月額保険料や補償内容、支払限度回数などで徹底比較!大切な家族を守ってくれる ペット保険総合ランキングはこちら

ペット保険総合ランキング

げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー少額短期保険)

げんきナンバーわんスリム画像
  • 保険料:1260円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

詳細をチェック

いぬのきもち・ねこのきもち保険(アクサダイレクト)

いぬのきもち・ねこのきもち保険画像
  • 保険料: 1270円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

詳細をチェック

フリーペットほけん(FPC)

フリーペットほけん画像
  • 保険料 :1590円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続なし
  • 1日の支払限度額:手術/10万円まで
  • 支払回数制限:
     通院30回/入院3回/手術1回

詳細をチェック

PAGETOP