おすすめペット保険口コミ比較ランキングTOP » ペット保険とは?押さえておきたい基礎知識 » すでに病気やケガをしたペットをペット保険に加入させられる?

すでに病気やケガをしたペットをペット保険に加入させられる?

ペットを病院に連れていき、治療費の高さに驚いてペット保険の加入を考える人も少なくありません。このページでは、すでに病気やケガをしてしまったペットが保険に加入できるのか、ペットにかかる治療費を節約するポイントなどを紹介しています。

病気療養中の場合でもペット保険に加入できるケースはある

病気療養中の場合でもペット加入できるペット保険

病気やケガをしたペットを動物病院に連れて行き、支払い時にその治療費の高さに驚いたことがある人も多いのではないでしょうか?

通院ともなると、家計へ負担も大きくなってしまうペットの治療費。そんな時に「ペット保険に入ってみよう」と考える人は少なくありません。しかし、ペット保険に加入するには「健康な状態であること」が最低条件である場合が多いため、すでに病気を患っているペットは加入することが難しいのが現状です。病気の症状や種類によっては加入できるケースもありますが、加入前の病気やケガは補償されないことがほとんど。すでに病気やケガをしたペットの保険加入を検討しているのであれば、注意が必要です。

ペット保険に加入できない病気

ペット保険に加入できる病気かどうかは、各保険会社の判断によって違ってきます。比較的リーズナブルな料金で充実の補償を受けられると評判の「げんきナンバーわんスリム」「いぬのきもち・ねこのきもち保険」「フリーペット保険」を例に見てみましょう。

保険名 げんきナンバーわんスリム
加入不可の病気一覧 特発性てんかん、悪性腫瘍、猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)、腎不全、糖尿病、肝不全、肝硬変、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、副腎皮質機能亢進症(クッシング病)、甲状腺機能低下症、亢進症(バセドウ病)、免疫介在性溶血性貧血(IMHA)、巨大食道症(食道拡張症)、膵外分泌不全(EPI)、猫伝染性腹膜炎(FIP)、猫白血病ウイルス感染症(FeLV)、水頭症 、心疾患、椎間板ヘルニア、股関節形成不全、膝蓋骨脱臼、犬糸状虫症(フィラリア症)、レッグ、ペルテス(大腿骨頭壊死症)、巨大結腸症、白内障、緑内障、妊娠、腫瘍、腫瘤〔現在消失しているものは除く〕
保険名 いぬのきもち、ねこのきもち保険
加入不可の病気一覧 狂犬病、犬ジステンパーウィルス感染症、犬パラインフルエンザ感染症、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス感染症、犬コロナウィルス感染症、犬レプトスピラ感染症、犬パルボウィルス、感染症、フィラリア症、猫汎白血球減少症、猫カリシウィルス感染症、猫ウィルス性鼻気管炎、猫白血病ウィルス感染症、猫クラミジア感染症、ウォブラー症候群、肘関節形成不全、肘関節の尺骨離脱、肘関節の橈骨離脱、前肢橈骨の湾曲症、股関節形成不全、レッグペルテス病、膝蓋骨脱臼、眼窩の形成不全、眼瞼外反、眼瞼内反、進行性網膜萎縮、下顎骨の炎症性疾患、歯および顎の形成不全
保険名 フリーペット保険
加入不可の病気一覧 犬パルボウイルス感染症、ジステンパー感染症、犬パラインフルエンザ感染症、犬伝染性肝炎、アデノウイルス2型感染症、レプトスピラ感染症、黄疸型及び力ニコーラ型、フィラリア感染症、猫汎白血球減少症、猫カリシウイルス感染症、猫ウイルス性鼻気管炎、猫白血病ウイルス感染症、狂犬病、先天性または慢性病(慢性肝炎など)など

明確な治療法がなく死に至る可能性の高い病気や定期的なワクチン注射で予防できる病気、自然災害によるものや妊娠・出産に関わるものなどが一般的には除外されているようです。生まれつき持っていた病気、慢性的な病気も保険に加入できない病気となっています。この部分に関して、保険会社によっては一部対象になっていることもあるので、今治療中の病気以外にも自分のペットがかかりやすい病気が含まれていないかどうかも合わせて確認することが大切です。

飼い主に必要な告知義務とは

ペット保険では加入することができない病気や補償対象にならない病気などが細かく定められています。そのため飼い主は、ペット保険を申し込む際に必ず過去の病気やケガ、診療の経歴などを正確に告知しなければなりません。ペット保険は人間が入る保険と同じように、加入している人たちの保険料によってまかなわれているので、治療が必要だと明確に分かるペットを加入させてしまうと、不公平になってしまいます。また、無条件でペットを引き受けていては保険会社も倒産してしまうでしょう。

ペット&ファミリー少額短期保険会社の「げんきナンバーわん」では、申し込みの際に一緒に告知書を送付しなければなりません。いぬのきもち・ねこのきもち保険でも、病歴や治療歴、ワクチンの接種情報などが記載された告知書を用意。FPC(エフ・ピー・シー)のスマートペット保険においても告知項目を設け、申し込み時の申告は加入必須条件となっています。

「言わなければバレない」と考え、病気をしているのにも関わらずウソの告知をして保険に加入しても、ペット保険を使用する際には病院でもらった明細書の原本を送る必要があるため、不審な点があればすぐに調査・確認されて簡単にバレてしまいます。ウソの申告で保険に加入したことが分かると、契約の解除や法的処置をとられることも。ペット保険に加入するのであれば、自分のペットの情報を正確に伝えなければ、最終的に損をしてしまうのは飼い主とペットになってしまうのです。

ペットにかかる医療費を節約しよう

「治療中の病気が加入不可の病気だった」「保険に入っても補償してもらえない」からといって、あきらめてはいけません。保険に入れなかった場合に知っているとお得なペットの医療費を節約できるポイントを紹介します。

動物病院で受ける治療は実は全国一律ではないのです。もっと言うと同じ地域、近くにある動物病院であっても料金が異なることがあります。
なぜなら、動物病院の診察や治療は基本的に自由診療のため、人間の診察のように基準や規定がないのです。日本では独占禁止法によって、獣医師たちが基準料金を決めたり、協定して料金を設定したりすることを禁止しているため、自由に診療報酬を設定できてしまいます。

軽い症状や予防接種などであれば、使用している道具や薬などはほとんど同じもののため、料金が高くても安くても治療結果にはさほど影響しません。自分の住んでいる地域で安い料金で治療している動物病院はどこなのかを把握しておくと良いでしょう。毎年必要な予防接種の負担を軽くすることができれば、家計にも若干の余裕が出てくるかもしれません。

また、病院にかかるべき状態なのかどうかを飼い主がしっかり見極める力を持つことも大切です。例えば「嘔吐」や「下痢」。犬や猫は比較的に、吐きやすい生き物なので、一概にご飯を吐き戻したりしていても大きな問題があることはありません。出したものを食べようとしていたり、食欲があったりするようなら様子をみて問題ないでしょう。下痢に関しても、元気があり食欲もあるなら様子見で大丈夫です。病院にかかる大きな目安として、「いつもと様子が違うか」「食欲はあるか」「元気はあるか」に注目して観察しましょう。

必要な診療科どうかを見極め、無駄な通院を減らすことでペットの医療費を節約することができます。しかし、「見極める自信がない」「何かあったら不安」だと思う場合は、迷わず病院へ連れて行きましょうね。

また、動物病院によっては独自の有料会員 システムを作っている場合もあります。病気のペットでも入れたり、予防の薬を割り引いたりなど独自のサービスを提供していることもあるので、地元の動物病院にそういった病院があるか、確認してみても良いかもしれません。

関連してよく読まれているページ

ペット保険が大切な理由とは

保険で補償できること・できないこと

料金の目安と保証期間

保険金の請求方法

失敗しないペット保険の選び方

ペット保険はいつから入るのがベスト?

ペット保険は詐欺?よくある保険トラブルとは

ペット保険をすぐに適用したい際の注意点

ペット保険が使える病院や保険の請求の流れ

月額保険料や補償内容、支払限度回数などで徹底比較!
大切な家族を守ってくれるペット保険総合ランキングはこちら>>

ペット保険総合ランキング

げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー少額短期保険)

げんきナンバーわんスリム画像
  • 保険料:1260円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

詳細をチェック

いぬのきもち・ねこのきもち保険(アクサダイレクト)

いぬのきもち・ねこのきもち保険画像
  • 保険料: 1270円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

詳細をチェック

フリーペットほけん(FPC)

フリーペットほけん画像
  • 保険料 :1590円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続なし
  • 1日の支払限度額:手術/10万円まで
  • 支払回数制限:
     通院30回/入院3回/手術1回

詳細をチェック

PAGETOP