おすすめペット保険口コミ比較ランキングTOP » ペット保険とは?押さえておきたい基礎知識

ペット保険とは?押さえておきたい基礎知識

動物のためのペット保険とは?メリットや各社保険の内容や保険金、補償内容の違い、選ぶ際のポイントなどを紹介ているカテゴリーです。

ペット保険とは?その最大のメリットは?

ペット保険

「ペット保険」とは文字通りペットのための保険で、条件を満たせば動物病院で治療を受けたときにかかった治療費や入院費の3割〜全額を補償してもらえるというものです(多くは5割〜7割)

ペットの医療費は高く、病気や手術の内容によっては請求額が数十万円になることも珍しくありません医療費があまりに高額なときは、治療をあきらめざる得ないケースもあるでしょう。

しかし、ペット保険に加入しておけば請求額の、多くは50〜70%を補償してもらえます。「治療費を気にせずにできる限りのことをしてあげられる」。

これがペット保険に加入する最大のメリットだといえるでしょう。

高齢化の今だからこそ加入すべき?

フードの改善や飼い主の意識の変化(積極的に病気の治療を受ける人が増えていること)、動物医療の高度化などによってペットの平均寿命は飛躍的にのびています。

ペットが長生きできるようになった今こそペット保険の果たす役割は大きいのかもしれません。

人間と同様に犬も猫も高齢化によって病院のお世話になる機会も増加するからです。

ある試算によると、犬の生涯の医療費は100万円、猫は60万円と言われています。しかし特定の疾患がある場合は、これ以上の金額が必要なことも珍しくありません

「いつまでも元気に・より長く一緒に」。

そんな飼い主の気持ちを応援してくれるのがペット保険だといえるでしょう。

各社によって異なる補償内容

ここ数年で、ペット保険に加入する飼い主は増えています。同時にペット保険会社も著しく増えていますが、行なわれている補償やサービスには違いがあります。

例えば犬に多い椎間板ヘルニアについては、補償から外している保険会社もあれば、きちんと補償してくれる保険会社もあります。利用回数に制限を設けている会社もあれば、無制限で補償が受けられる会社も

安くて手厚い補償がある保険会社がいちばんですが、保険金や補償の内容、入金までの時期はペット保険会社ごとに異なります。各会社の内容をチェックし、信頼できるペット保険に加入するようにしましょう。

ペットも家族。治療費の大幅軽減が可能なペット保険はマスト

ひと昔前では、ペットを病院に連れて行くなどあまり考えられなかったかも知れません。しかし現代では、ペットも立派な家族の一員として意識されているでしょう。

ペット保険に加入する最大のメリットは、ペットが病気になった時にできる治療を最大限に行ってあげられることです。治療に充てられるお金がないばかりに大切な家族であるペットが苦しみながら死んでしまうとしたら、あまりにも悲しいことではないでしょうか。

私達人間も病気になった時に備えて保険に加入するように、ペット保険に入ってあげることで大切な家族であるペットの健康や命を守ることができるでしょう。

ペットの医療費はどれくらいかかるのか

保険商品によって大きく異なる補償内容。よく確認して加入を

ペット保険は、ペットが病気の時やケガをした時の治療費を、50〜70%程度補償してくれるものです。

犬・猫だけを対象としている保険もあれば、フェレット・うさぎ・鳥・爬虫類といったペットまで対象としている保険もあります。

疾患やケガは補償されますが、健康診断や不妊去勢手術など、ほとんどのペット保険が補償対象外としている手術もありますので確認しましょう。

また保険商品によっては、通院・入院・手術などのうち、どれかだけを補償するものもあれば、すべてを手厚く補償するものもあります。

値段の安さだけで決めずに、万が一の時にしっかりとした補償をしてくれるかを確認しましょう。

ペット保険で補償できること・できないこと

ひと月1,000円〜4,000円程度。1年更新が一般的。

ペット保険の保険料は、月々一定額を払う場合と、1年間の保険料を一括で払う場合があります。多くの場合、1年一括払いの方が割安となっています。

保険料は、補償タイプ・動物の種類・ペットの大きさ(犬の場合)・犬種・ペットの年齢によって設定されます。

補償タイプとは、どのくらいの割合で補償されるのか・通院入院手術のどれが補償されるかを示しています。

ひと月あたりの保険料は、犬の場合1,000~4,000円、猫の場合は1,000~3,000円程度が一般的です。

またペット保険は、1年ごとに契約を更新する仕組みが一般的です。年齢や加入後の疾病によっては、更新を断られる場合もあります。

ペット保険料の目安と保証期間

支払い時に自己負担分のみ支払う方法と、後日保険会社へ請求する方法

一番簡単なのは、動物病院の窓口で精算する方法です。

病院の窓口で補償額(保険金)を差し引いた自己負担金額のみを支払うので、保険会社に請求する手間が省けて便利です。

一方、いったん窓口で全額を支払い後日保険会社へ請求するという方法もあります。

この場合、請求の期限を「動物病院で治療を受けてから30日以内」としている保険会社が多いようなので注意しましょう。

ペット保険の保険金請求方法

費用だけでなく、補償内容や年齢制限、企業の信頼性も考慮しよう

ペット保険は提供する会社ごとに内容が違います。ペット保険を選ぶときには、次の点に注意しましょう。

1.費用

人間の保険と同じで、補償される割合が大きく補償内容が充実するほど保険料は高くなります。

安さだけを考えると万が一の時の補償がおろそかになりますが、補償のことばかり考えるとペットがシニアになった時に保険料が高額になり、継続が難しくなってしまうこともあります。

2.補償内容

補償プラン(手術、通院、入院、終身タイプなど)や補償割合(50%、70%、100%など)また補償限度額にも注意しましょう。

3.年齢制限

各保険会社の新規契約可能年齢、また更新可能年齢を確認しておきましょう。

4.補償開始時期

補償開始時期も重要です。いつから保険が適用されるのかを確認しましょう。

5.運営元の企業の信頼性

ペット保険のニーズの高まりによって、ペット保険の運営団体はおよそ30社程度も存在しています。

信頼性を見極めるには、大手損害保険会社が出資して設立したようなペット保険会社と選ぶと安心でしょう。

6.口コミ評判

実際に利用した人の口コミも、参考になるかもしれません。

もちろん個人の主観によるものもあるでしょうが、ここまで考えてきた要素を総合的に評価して検討することが、ペット保険選びで失敗しないためのポイントとなるでしょう。

失敗しないペット保険の選び方

できるだけ若いうちからがベスト

加入時の理想的な年齢としては、0~3歳頃がベストとされています。

ほとんどのペット保険では加入条件に「健康であること」を掲げています。

今は元気だからまだ大丈夫…と先延ばしにしていると、思わぬケガや病気にかかってどのペット保険にも入れなくなるかもしれません。

ペットが若く、健康なうちに加入しましょう。

ペット保険はいつから入るのがベスト?

ケースによっては可能。ただし加入前の病気やケガは補償されない

前述の通り、ペット保険に加入するには「健康な状態であること」が最低条件であることが多いです。

ですから、すでに病気やケガを患っているペットの加入は非常に難しいのが現状です。

病気の症状や種類によっては加入できるケースもありますが、加入前の病気やケガは補償されないことがほとんどとなります。

すでに病気やケガをしたペットをペット保険に加入させられる?

突然の補償対象外通告や、保険金不払いなど

ペット保険におけるトラブルの中でも多いものには、今まで保険のおりていた病気で現在治療中にも関わらず、突然「もうこの病気には支払わない」という通告をされた事例があります。

また、保険に加入する前の病気やケガが原因である可能性が高いと判断されると保険金がおりない、という事例もあります。

どちらも保険会社が規約や約款で定めている場合もありますが、あまりに理不尽と感じる場合には消費者センターや弁護士事務所へ相談してみましょう。

ペット保険は詐欺?よくある保険トラブルとは

待機期間の短い保険商品を選ぶこと。しかし急な治療への適用は困難

ほとんどのペット保険では、保険に加入した後も一定期間は保険を適用することができない「待機期間」というものが存在します。

「1週間後に大きな手術がある」「長期通院が必要になった」という理由でペット保険に入って次の診療にかかる医療費を安くしたいと考えても、ペット保険を適用することはできないということです。

万が一の事態に早く備えたいという場合は、待機期間を短く設定している保険商品を検討することができるでしょう。

ただし、補償内容など総合的な要素を考慮して選ぶことが必要です。

ペット保険をすぐに適用したい際の注意点

基本的にほとんどの動物病院で利用可能。支払い方法は2通り

ペット保険会社の保険金支払い方法は、主に2つあります。

ひとつ目は、いったん窓口で治療費を全額支払った後、保険会社へ連絡・請求をすると保険対応分が振り込まれる「立替請求型」です。

請求には、保険会社所定の保険金請求書のほか、動物病院の診療明細書や領収書の原本の提出が必要になりますので大切に保管してください。

ふたつ目は、支払う窓口で即保険が適用され、差額分のみを窓口で支払う「窓口割引型」です。

窓口請求型は、後日保険金の請求をしなくてもその場で精算を完了できる大変便利な方法です。

短期間のみ補償するペット保険。損害保険との差はほぼ無し

少額短期保険は、ペット保険の中の主流になりつつある保険のスタイルです。

文字どおり、保険金額が少額で1年~2年の範囲内での保険となります。保険金が少ないのと、補償期間が短期であるということから、支払う保険料が少ないというのが特徴となります。

少額短期保険と損害保険の間に明確な加入条件の差というのはあまりなく、どちらの審査の方が厳しい、などもないようです。

ペット保険の少額短期保険とは?損害保険との違いや加入条件

病気やケガは予測できない。人間と同じくペットも老化するため必要

最近では小型犬や猫を屋外に出さず、完全室内飼いにしている人も多いですね。

確かに外に出す場合よりは、病気やケガのリスクは低いと言えるでしょう。

しかし完全室内飼いでも、遊んでいる最中にケガをしてしまったり、生活習慣病や免疫低下、老化などによって突然不調になることもあり得ます

治療費が払えなくて十分な治療を受けさせてあげられないような事態を避けるためにも、ペット保険には加入しておきましょう。

ペット保険は本当に必要?加入していないとどうなるか

月額保険料や補償内容、支払限度回数などで徹底比較!
大切な家族を守ってくれるペット保険総合ランキングはこちら>>

ペット保険総合ランキング

げんきナンバーわんスリム(ペット&ファミリー少額短期保険)

げんきナンバーわんスリム画像
  • 保険料:1260円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

公式サイトはこちら

いぬのきもち・ねこのきもち保険(アクサダイレクト)

いぬのきもち・ねこのきもち保険画像
  • 保険料: 1270円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続あり
  • 1日の支払限度額:なし
  • 支払回数制限:なし

公式サイトはこちら

フリーペットほけん(FPC)

フリーペットほけん画像
  • 保険料 :1590円~
  • 補償内容 :
     手術/入院/通院/終身継続なし
  • 1日の支払限度額:手術/10万円まで
  • 支払回数制限:
     通院30回/入院3回/手術1回

公式サイトはこちら

PAGETOP